参加者の体験談

  1. TOPページ
  2. >
  3. 参加者の体験談

障害者向けお見合いパーティーに参加された方に、色々とインタビューさせて頂きました。これまでのご苦労や感じてきたこと、パーティー参加のきっかけになどについて、体験談を交えて語って下さいました。是非参考になさって下さい。

T・Kさん 女性・32歳・聴覚障害・会社員

T・Kさん 女性・32歳・聴覚障害・会社員

私は生まれつき耳の病気で音が聞こえにくいです。
素耳だと喧噪の中でも遠くからぼんやりざわつきが聞こえる程度で、ほとんど音を判別することができませんが、補聴器を付けることで普通のトーンの音は聞き分けることができ普通の方と同じ生活が可能です。

障害者向けお見合いパーティー参加のきっかけ

外見だけでは補聴器さえつけていなければ私は障碍者だとはわかりません。しかし補聴器がなくては家の外に出ることすら難しく補聴器なしで一般の方と同じように生活することは不可能です。
最近の補聴器は目立ちにくいデザインになったとはいえ、やはり気になる方には気になるようで、いろいろと突っ込まれたりしたこともありました。
見た目が普通の方と変わらないからこそ、デリカシーにかける言葉もたくさんありました。
そんな経験からも、周りを気にせずに理解しあえるパートナーが欲しいと感じたことが参加を決めたきっかけです。
パーティー自体はエクシオのホームページで知りました。

障害者向けお見合いパーティーに参加した感想

まずは参加してみることが重要だと思います。
思っているよりとてもクリーンでカジュアルなパーティーでしたし、参加者の方々も私が参加したパーティーは皆さん良い方たちばかりで楽しくお話しできました。
悩んでいる方はまずは一度試しにさんかしてみては?

パーティー参加検討中の方へ一言

参加者の方は本当にさまざまです。
健常者と変わらない見た目だからとか、逆にこんなに障害のある自分が参加したら迷惑なのではとか、そういったことはさておき、新しい出会いや良き理解者を得たいと考えるならぜひ参加してみるべきです。

パーティー参加者の体験談Y.Kさん 男性・32歳・ADHD・会社員

Y.Kさん 男性・32歳・ADHD・会社員

私はADHDです。ADHDとは、一般的な日常生活を送る上で何ら不便を覚えることは少ない病気ですが、不注意、多動性、衝動性といった日常生活における他者とのコミュニケーションにおいて問題を抱える症状です。

障害者向けお見合いパーティー参加のきっかけ

幸い私の症状はそこまで深刻なものではなく、程度としては軽度にあたります。 しかし、ずっと一人で生きていくことに不安を覚え「私の症状を理解して一緒に支え合っていけるようなパートナーと出会うことができたら、自分の病気も改善するのではないか」「改善できなくとも今より悪化することは少ないのではないか」また、「こんな私自身、他の方の障害を支えることができるのではないか」と考えたことが、障がい者向けの婚活パーティーに参加しようと思ったきっかけです。

障害者向けお見合いパーティーに参加した感想

私は外見だけでは健常者の人と区別はつきません。私のように外見だけではどんな障害をお持ちなのかわからない方もいれば、車いすを使っている方までさまざまな方が参加されていました。障害も内面的なものから、外見だけのものまでさまざまです。
お話をさせていただいて感じたことは、障害の重さに関わらず、皆さんそれぞれに大変な思いをされていること、そして自分を理解してくれるパートナーに出会いたいと真剣に考えていらっしゃることです。

パーティー参加検討中の方へ一言

参加者の方は本当にさまざまです。
健常者と変わらない見た目だからとか、逆にこんなに障害のある自分が参加したら迷惑なのではとか、そういったことはさておき、新しい出会いや良き理解者を得たいと考えるならぜひ参加してみるべきです。

K.Uさん 女性・35歳・自閉症・在宅

K.Uさん 女性・35歳・自閉症・在宅

自閉症は発達障害の一種で、生まれつきの障害です。外見だけではわかりにくいのですが、私の場合は極度の敏感(人が多い所が苦手です)や場の空気が読めずマイペースに行動し自分勝手だと思われることがあります。

障害者向けお見合いパーティー参加のきっかけ

兄が結婚し、兄嫁がこちらの婚活パーティーについて教えてくれました。
私の症状は一般的に言うとまだ深刻な部類ではなく、調子の良い時は他の健常な方と同じように過ごすことも可能です。しかしいつ発作が出るかもしれない、という不安や恐怖を感じながら一般の男性とお付き合いすることはやはりハードルが高く、年齢もそれなりなこともあり、とりあえず同じような症状や程度の方でお互いを理解でき支え合えるお相手が居たら良いなと思ったのがきっかけです。

障害者向けお見合いパーティーに参加した感想

私が参加した日は、参加者は多く感じました(といっても初参加なので実際はどうかわかりません)

パーティー参加検討中の方へ一言

参加者の方は本当にさまざまです。
健常者と変わらない見た目だからとか、逆にこんなに障害のある自分が参加したら迷惑なのではとか、そういったことは置いておいて、新しい出会いや、良き理解者を得たいと考えるなら是非参加してみるべきだと思います。

Y.Kさん 男性・36歳・視覚障害・会社員

Y.Kさん 男性・36歳・視覚障害・会社員

視覚障害はその名の通り視覚にまつわる障害で、弱視〜全盲までさまざまな方がいます。
私は全盲まではいきませんが極度の弱視です。パソコンや本など手元の者は見えますが、少し離れると水の中のようにぼやけて見えない状況です。

障害者向けお見合いパーティー参加のきっかけ

私の働く会社は障害者に理解があり、私以外にも多数の障害をもつ方が自分にできる仕事を担当されています。
そんな中で先日結婚された障害者の方が居ました。彼は半身不随で車いすを日常的に使用している方でしたが明るく気さくな性格でした。
雑談していた折に結婚のきっかけは婚活パーティーだと教えてもらい、自分も良き理解者と巡り合いたいと感じ参加を決めました。

障害者向けお見合いパーティーに参加した感想

目が悪いので自分と向かい合ってお話している女性のお顔しかわかりませんでした。
ある意味他を気にしなくて良かったのかもしれません。
パーティー会場は活気があり、事前に症状を軽く説明しておいたところ移動の際にスタッフさんが付き添ってくださってとてもありがたかったです。

パーティー参加検討中の方へ一言

婚活パーティー自体初めてでしたが、とても新鮮な体験ができ楽しかったです。
こんなに近い距離で偏見無く会話をしてくれる相手とお話するのは久々だと、会話した女性は話していました。
私は幸いにも比較的理解のある人達に囲まれていましたが、まだまだ健常者と障碍者の間の溝は完全になくなったとは言いづらい世の中です。
行き辛いと感じている方や日々をもっと明るくしたい楽しくしたいと考える方はぜひ参加してみるとよいと思います。

Y.Tさん 男性・28歳・肢切断・会社員

Y.Tさん 男性・28歳・肢切断・会社員

私は中学生の頃交通事故で両足をなくしました。 今まで他の友達と何一つ変わることなく五体満足で生きていた日常が、その日を境にがらりと変わりました。 一時期は毎日辛い日々を送りましたが持ち前の負けん気と、周りの温かい環境で今は現状を受け入れ、足の有る無しに関わらず自分の能力を活かせるパソコンを使ったプログラミングの仕事をしています。

障害者向けお見合いパーティー参加のきっかけ

パソコンを使った仕事の良い所は座ったままで出来ること、そして取引先の顔が見えないので見た目で判断されることが少ない事です。
この業界には私のように健常者から障害者になった方や、生まれつき障害のある方も自分の得意分野を伸ばして活躍していることを知りました。
そして、既婚の障害者の方からこちらのパーティーの話を伺い、自分で少し調べて興味がわいたので参加する事にしました。

障害者向けお見合いパーティーに参加した感想

率直な感想はいろんな方がいるなぁと思いました。 障害もさまざまですし、障害者に理解のある健常者の方も居ました。
私は車椅子でしたがスタッフの方がこまめに誘導して下さり、特に不便も感じずに婚活パーティーを楽しむことができました。

パーティー参加検討中の方へ一言

婚活パーティー自体初めてでしたが、とても新鮮な体験ができ楽しかったです。
こんなに近い距離で偏見無く会話をしてくれる相手とお話するのは久々だと、会話した女性は話していました。
私は幸いにも比較的理解のある人達に囲まれていましたが、まだまだ健常者と障碍者の間の溝は完全になくなったとは言いづらい世の中です。
行き辛いと感じている方や日々をもっと明るくしたい楽しくしたいと考える方はぜひ参加してみるとよいと思います。

パーティー参加者の体験談M.Cさん 女性・34歳・摂食障害・在宅勤務

M.Cさん 女性・34歳・摂食障害・在宅勤務

私の摂食障害は拒食症というもので、食事が上手くできません。職場でのストレスから過食に走り、その後急激なダイエットをした結果食事ができなくなりました。
現在は在宅で仕事をしつつ社会復帰に向けて摂食障害も改善すべくトレーニングしているところです。

障害者向けお見合いパーティー参加のきっかけ

ストレスでうつ病のようになり、過食症と拒食症を行ったり来たりで外見も心もボロボロになってしまい、自信も無くなりました。
自分が障がい者だなんて思ってもみなかったので、テレビでこちらのパーティーの特集を見た時に自分よりも重い障害の方を含めさまざまな方が前向きに婚活をしている姿を見て心を打たれました。
家族以外に会話する相手もいなくなった今、こんな自分でも受け入れてもらえる場所があるのではないかと参加をしました。

障害者向けお見合いパーティーに参加した感想

どんな外見でも、言葉や仕草が不自由でも受け入れてくれる…そんな場所です。障害をお持ちの方と、その理解者の肩が参加されているので健常者の方も数名いらっしゃいました。
お互いがお互いを慮って歩み寄ろうとする気持ちが感じられる、とても良いパーティーだったと思います。

パーティー参加検討中の方へ一言

悩まれている方は、難しいことは考えずにまず参加してみることをおすすめします。
カップルになれなかったら惨めな思いをするとか、パーティーで参加者になにか不快感を与えそうとか、参加する前は私もそう思っていましたが、正直なところ前者に関しては一切気にすることはありません。
1パーティーでカップルになれるのは数組ですし、カップルになれない方の方が圧倒的に多いです。もしダメでもきっとまた参加したい、次はもっと頑張ろうと絶対思えます。
まずは一派を踏み出す事が重要です。